医者

女性がかかる病気

female

定期的な検査が大切

乳がんは40代後半から50代前半の人に多く発症する病気なのです。発症率は20人に1人と言われているほど多く、女性なら誰でもかかる可能性のある病気と言えるでしょう。乳がんは早期発見が大事なのです。そのため定期的に検査を行ったり、体の変化を見落とさないようにしたりすることが大切でしょう。乳がんの検査では、問診、視触検診、画像診断などを行うことになるでしょう。画像診断ではマンモグラフィーや超音波検査を行うのです。マンモグラフィーの場合は乳房を挟んで検査するので、胸の張っている生理前などは検査を控える人も多いのです。乳がん検査では、スタッフがみんな女性のクリニックなどが人気となっているのです。女性同士だからこそ聞きにくいことも聞けたり、相談しやすかったりするのでしょう。

しこりをセルフチェック

乳がんになりやすい人には、肥満、出産経験がない、授乳経験がないことが関係しているのです。高たんぱく質・高脂肪の食生活はホルモンバランスを崩してしまうのです。過剰な女性ホルモンの存在により乳がんを引き起こすきっかけになるでしょう。出産経験がない人の乳がん発症率は、出産経験のある人の2倍と言われているのです。身内に乳がんになったことのある人がいる場合も病気にかかりやすいといえるでしょう。乳がんの初期症状には、しこり、血性の分泌物、乳腺のひきつれなどが見られるようになるでしょう。しこりがあるかセルフチェックするには、胸に石鹸をつけて片手を挙げて指で滑らすようにして探してみるといいでしょう。触ってみて小豆のような感覚のものがあれば、しこりの可能性が高いのです。

Copyright© 2015 【入院の必要性アリ】恐ろしい腸閉塞は日頃の予防が大切All Rights Reserved.