医者

便秘が悪化した症状

man

基本的な治療

腸の中に便が詰まってしまう症状を腸閉塞と言い、ひどくなると腸や肛門の機能がほとんど作用しなくなってしまいます。便秘状態なので下腹部の張りが目立つようになり、体内からの悪臭が漂うこともあります。このような腸閉塞になってしまうと、詰まっている状態なので自然に便を排出することは難しくなります。他の臓器も圧迫されるため、危険な状態に陥ってしまうのです。腸閉塞の治療では、入院をして絶食状態を続けていくことになります。その間は点滴で栄養を補っていくため、問題はありません。また、腸閉塞の症状がひどい場合は手術で治療をしていきますが、肛門が正常に働かない状態になってしまうと人工肛門が必要です。これも腸を肛門から腹部につなげる手術が行われ、排便をしていくことができます。

原因を根本から見直す

腸閉塞の原因は、便秘が長く続いてしまうことです。従って、腸閉塞になりやすい人は便秘気味の人が多くいます。便秘は、最低でも1週間は続いてしまうと腸閉塞の可能性は高くなります。便秘を繰り返してしまう人は、その根本から見直していかなければいけません。便秘の原因はさまざまですが、固い便がスムーズに排出できないことも多いです。偏った食生活や水分不足が招くことですが、腸の働きを良くしていくことも大事です。善玉菌を多めに取ったり、腸に刺激を与える運動も効果的です。腸閉塞になったことのある人は、再発しやすいことから、病院でも便秘予防の指導が行われます。規則正しい生活がポイントとなりますが、どうしても便秘になってしまう場合は、便秘薬を上手く使っていくこともいい方法です。

必要なものです

man

浦安市は人気の市町村の一つです。多くの方々が生活をしていますから、生活インフラは整っています。夜間診療を行ってくれる病院もありますから、万が一の備えとして場所などを事前に把握しておくのが良いでしょう。

詳しくはこちら

腰痛や肩こりの治療

female

腰痛や肩こりなどの症状は、神戸市の整形外科の病院で治療が受けられる。神戸市の整形外科にはFCRや骨塩量測定装置などの最先端の医療機器が完備している。院内にはリハビリの施設も完備しており、医師の指導でリハビリを受けることも可能である。

詳しくはこちら

女性がかかる病気

female

乳がんは40代後半から50代前半の女性に多く発症する病気となっているのです。検査にはマンモグラフィーや超音波検査があるのです。乳がんの初期症状にはしこりや乳腺のひきつれなどが起きるので、定期的にチェックしておくといいでしょう。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 【入院の必要性アリ】恐ろしい腸閉塞は日頃の予防が大切All Rights Reserved.